【節約】DIYにチャレンジブログ ~チャレブロ~

ロードバイク、キャンプ、ブログ運営、マネタイズにDIYでチャレンジしていく節約ブログ。



ロードバイクにキャンプに車にブログ運営

【節約】DIY見積でタイヤ代を安くする裏技


広告

スポンサーリンク

2019年4月18日更新

節約したいインチアップのタイヤ代、DIY見積でタイヤ代を安くする裏技。

タイヤホイールサイズの確認

いわおんの軽自動車のタイヤサイズ

純正:165/65R13 からの

インチアップ:165/55R14 ←現在となります。

f:id:Iwaown:20190327000432j:plain

フロントは片減り激しい!!

このサイズが曲者で意外とタイヤ代がかさむのです。(最近の軽自動車の主流になりつつあるサイズのようです)

 

DIY見積

ブリヂストンのタイヤ、ネクストリー4本で合い見積もりしました。

  • ビッ〇モーター:37673円(組み換え、バランス、廃タイヤ込み)
  • ブリヂストンの知り合い:33696円(組み換え、バランス、廃タイヤ込み)
  • 製造週が古いのであれば:29376円(組み換え、バランス、廃タイヤ込み)
  • ちなみにamazon価格:18800円(タイヤ代のみ)

 

うーん、amazonでタイヤを買ってスタンドとかで工賃(組み換え、バランス、廃タイヤ込み)8000円払っても26800円か。

タイヤサイズを変えて節約

もっと、もーっと、安くならないかと思い

今、純正ホイールに履かせているスタッドレスタイヤのことを思い出した。

スタッドレスタイヤは純正ホイールに155/65R13。

このスタッドレスの時に調べたんです! 

幅が165から155になるのでスピードメーターの誤差を!

タイヤ幅-10mm、タイヤ径-13mmで40km/hのメーターが39km/h。

スピードメーターが40キロの場合、実際の速度は「30.9キロから42.55キロまで」が誤差としての許容範囲内で車検は通るので、問題なし!

 

ということは、

「スピードメーターの誤差の範囲内で安いタイヤサイズを買えばよい!」

探しました、amazonで!

155/65R14が2本で5738円!! 2セットで11476円!!安い!!

f:id:Iwaown:20190327000410j:plain
f:id:Iwaown:20190327000238j:plain

スタンドで交換工賃(組み換え、バランス、廃タイヤ込み)8000円払っても19476円!!

なんと、2万円でおつりがきます!!

タイヤ幅-10mm、タイヤ径プラス3mmで40km/hのメーターが40.9km/h。

うおおお、許容範囲内!!

 

しかも、交換工賃(組み換え、バランス、廃タイヤ込み)は整備工の友人に頼んで4800円でやってもらいました。

4本トータル16276円で国産ブリヂストンのネクストリーに4本交換できました!

f:id:Iwaown:20190327000119j:plain

 BBSホイールはキャップのみのご愛敬品ですww

 

まとめ

165/55R14にお乗りの方はぜひ!!

ほかのメーカーのタイヤならもっと安くなりますよ!!きっと。

ほかのサイズのタイヤホイールでもスピードメータの誤差を調べれば、タイヤ代を安くすることができると思います。

基本、「タイヤ幅を狭く、扁平を大きく」すればタイヤ代は安くなる気がします。

 


20190321 Challenge blog started